劇団でん組新作第四弾、藤田弓子主演!!
女の涙は、毒の味?!笑って、泣いて、ゾッとする、哀しき女の社会派人間喜劇。

 

女の涙は毒の味?!この物語のヒロインは、まさに「結婚する結婚詐欺師」である。
結婚を餌に、老人から財産を巻き上げ、次々殺していく。
生活の為に、生きるために、正にビジネスの様に淡々と・・・
女に振り回される被害者家族と警察。大混乱の中で、欲と欲が絡み合う哀しくもおかしい人間模様。
なぜ男は、いとも簡単に騙され、殺されていくのか。
なぜ平凡な老女に、こんな凶悪な犯罪が可能だったのか。
次第に、女の哀しき過去が明らかになってくる・・・
そして物語は、女の完全犯罪を可能にした「毒薬」の謎に迫っていく。
それは、世の中に存在しないと言われる謎の毒薬「青酸ニトリール」であった。
彼女は、どうやってその毒薬を手に入れたのか。そもそもなぜその毒薬が、現在に存在しているのか。
その謎が、衝撃の真実を明らかにしていく・・・

 

次第に日本は戦争できる国へと変貌してきている。どうしてこんな国になったのか。
日本は、本当に戦争を反省し、非戦を誓っているのだろうか。
チャップリンは、『殺人狂時代』で、「一人の人間を殺せば犯罪者で、
百万の人間を殺せば英雄だ」と戦争を皮肉っている。
戦争中に日本陸軍によって開発され、歴史の闇に葬り去られた秘密兵器「青酸ニトリール」を
現在の犯罪に絡め、「戦争犯罪」と「個人の犯罪」を並列に描くことで、改めて反戦を訴えたい。

 

 

<出演>

藤田弓子、高橋ひろし、花戸祐介、高橋珠美子、馬渡亜樹、大迫茂生、三枝貴志、野村昇史

<スタッフ>

作・演出:富田 求/照明:岡野昌代/音響:竹田雄(Three Quarter)

美術:渡邊景子/舞台監督:宮田公一/プロデューサー:角田昇

企画・製作:劇団でん組/当日運営:藤田晶久(valet)/制作協力:イマジネイション
協力:エム・ケイ・ツー、文学座、円企画、ワンダープロ

 

<日時>

2017年

8/31(木) 19:30

9/1(金) 14:00/19:30

9/2(土) 14:00/19:30

9/3(日) 14:00

※開場は開演の30分前より、当日券販売は開演の45分前より。

 

<会場>

吉祥寺シアター

※JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅北口徒歩5分

http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/access/

 

<チケット料金>

全席自由(消費税込) 前売 ¥4,000/当日¥4,500/学生割引¥2,500
※未就学児の来場はお断りしております。

お問い合わせ

イマジネイション

TEL:03-6325-0302

(平日11:00~19:00) 

「結婚する女」稽古風景